男性

独立開業者の強い味方!|店舗デザインならプロにおまかせあれ

現在の舗装工事

塗装

街づくりと道路舗装の矛盾

舗装工事と言えば、コンクリートかアスファルトと言うのが一般的です。幹線道路の舗装工事は、耐久性安全性が考慮され強固な仕上げになっていますが、その他の道路舗装工事の主流は、アスファルトとなっています。アスファルトですと修理舗装がやり易いのですが、水道工事や下水道工事、ガス管工事等の連携が上手く行なっていないように感じている人も多くいるでしょう。特に年度末になると、それらの工事が一挙に集中し、何度も掘り返す等の矛盾が余りにも目立つので、もう少し計画的にすすめてはどうかという意見もあります。現在は、歩道等の舗装工事は景観や水捌け等を考慮してブロック形式のものが増えてきています。街路樹周辺においても、出来るだけ土の部分が確保されるように工夫されていて、自然環境と景観面が重要視されるようになってきています。

快適環境と舗装工事の融和

道路舗装工事などもこれからは、街づくりの一環として組み入れられていくべきだと考えている人も多くいます。道路を管轄する行政機関が異なりますが、快適環境と便利さを両立させていくのがこれからの課題であり、お互いの協調性が求められるところでもあります。幹線道路に緑地帯を設けたり、側道に花壇等を設けたりして、快適環境づくりも時代の流れと共に変化してきています。このことに伴い、歩道や、公園周辺、大規模商業施設周辺では人の心を癒すような環境整備がなされています。例えば、モザイク模様や絵柄やモニュメントを設けたり、その土地ならではの創意工夫が見られたりするようになってきています。場所によってはそれらが観光資源になっているところもあり、舗装工事業者にもデザイン感覚が求められ始めています。

Copyright© 2016 独立開業者の強い味方!|店舗デザインならプロにおまかせあれ All Rights Reserved.