男性

独立開業者の強い味方!|店舗デザインならプロにおまかせあれ

敷地内の工事にかかる費用

ペンキ

駐車場のアスファルト舗装の工事代

法人の室外工事で舗装工事を行なうケースとしては、自社ビルの駐車場のアスファルト舗装工事などがあります。駐車場のアスファルト舗装工事の工事代は、駐車する車の台数などによって異なってきます。アスファルト舗装工事の工事代は、20平方メートルの駐車場の場合は、10万円程度になります。20平方メートル以下の小規模なアスファルト舗装の場合は、5万円から10万円程度になります。舗装工事の業者は、既存のアスファルトの駐車場に穴が空いてしまった時の補修工事も行なっています。1平方メートル以下の小さな穴でも補修することができます。小さな穴の補修に必要な工事代は、4万円程度になります。舗装工事の業者は、ポストフレックスの設置などの付帯工事も行なっています。付帯工事の工事代は個別性が強いため、見積りを出すことが必要になります。

アスファルト舗装工事のこれまでの歴史や変遷

日本でアスファルト舗装工事が行なわれるようになったのは、明治10年代のことです。当時のアスファルト舗装工事には、土瀝青の天然アスファルトが使用されていました。明治時代にアスファルト舗装工事が行なわれたのは、東京や大阪などの一部の大都市に限られていました。大正時代から昭和時代の初期までは、アスファルトによる舗装は都市部に限られていました。戦後の昭和30年代になると、日本の道路はアスファルト舗装が中心になり、昭和時代の終わり頃になると、日本全国の道路はアスファルト舗装になりました。平成時代になると、アスファルトの圧縮強度が高まり、環境に左右されにくいように改良が行なわれました。舗装工事の作業時間も短縮され、迅速に工事ができるようになりました。

Copyright© 2016 独立開業者の強い味方!|店舗デザインならプロにおまかせあれ All Rights Reserved.